期間工

【初心者向け】期間工の失敗しない選び方を7つポイントで紹介します!

期間工の選び方

 

どうも!コウちゃんです!

 

期間工選びに迷っている人
期間工選びに迷っている人
期間工として働きたいんだけど、どの期間工メーカーを選べば良いのか迷う!

もちろんお金が多く稼げる期間工メーカーが良いのだけど、それで失敗したら嫌だし。

誰か期間工の選び方の参考になるようなものはありませんか?

 

この記事では、上記のように期間工メーカーの選び方で迷っている人に向けて、最適な期間工メーカーを紹介します。

 

お金で選ぶ トヨタ自動車
地域で選ぶ 東京に近い期間工自宅近くの期間工
寮で選ぶ
正社員になれるかで選ぶ 正社員になりやすいメーカー
働く期間で選ぶ 短期向け 長期向け
労働環境で選ぶ 残業が少ないメーカー
年齢層で選ぶ 年齢別のおすすめメーカー

 

先に結論から紹介すると、この表通りに期間工メーカーを選べばOK!

補足として付けくわておくと、迷ったらトヨタ自動車か日産自動車に行っておけば間違いないかなと。

とはいえ、期間工で働く目的は何か?によっても変わるので、本記事で紹介するポイントも参考にして頂けたら嬉しいです。

 

コウちゃん
コウちゃん
期間工選びに悩む気持ちはめちゃくちゃわかるので、記事の後半では僕の失敗談も紹介しています!

反面教師として参考にしてくださいw

それではどうぞ!

 

期間工メーカーを選ぶポイントは7つ

 

お金で選ぶ トヨタ自動車
地域で選ぶ
寮で選ぶ
正社員になれるかで選ぶ
働く期間で選ぶ 短期向け 長期向け
労働環境で選ぶ
年齢層で選ぶ 年齢別のおすすめメーカー

 

期間工メーカーを選ぶ際のポイントして、上記の7つを基準に選ぶことをおすすめします。

それぞれの基準にあった期間工メーカーと、そのメーカーを選んだ理由もセットで紹介していきますね!

 

①:お金で選ぶ

 

期間工で働こうとしている人のほとんどが「お金を稼ぎたい」という目的だと思います。

で、お金を稼ぎたい人が選ぶべき期間工メーカーは「トヨタ自動車」です。

 

トヨタ期間工

 

<トヨタ自動車の特徴>

  • お祝い金が高い
  • 平均月収が高い
  • 満了金も高額

 

もちろん、トヨタ以外の期間工メーカーでも稼げるのですが、短期と長期という視点で考えてもトヨタを選んでおけば間違いないかなと!

 

②:地域で選ぶ

 

期間工をやる理由によっても変わりますが、期間工メーカーを「地域で決める」という選び方もあります。

 

例えば期間工で働きつつ、東京で就職活動をすることが目的だとします。そうなると東京へ行くのにアクセスが良い期間工メーカーを選ぶのがおすすめ。

 

具体的な期間工メーカーとしては「いすゞ」や「日産自動車」がおすすめ。

 

③:寮で選ぶ

 

長期的に期間工として働こうと思っている人が、期間工を選ぶ基準の1つとしてあるのが「住みやすい寮か?」だと思います。

 

結論から言ってしまうと、

 

  • いすゞ
  • マツダ
  • 日産
  • スバル
  • 日野

 

上記の期間工メーカーの寮が住みやすいかなと!

ちなみに僕はいすゞの寮に住んでいたのですが、めちゃくちゃ快適でした。ただ寮を自分で決めることができないので、環境の良い寮に住めるかは運次第になってしまいます。

なので、なるべく「良い寮が多い」期間工メーカーを選ぶことで、住みやすい寮に入れる確率がグッと高くなるかなと。

 

④:正社員になれるかで選ぶ

 

期間工から正社員を目指している人は、自分が応募しようとしているメーカーで正社員になることはできるのか?

また、その期間工メーカーは期間工を正社員として採用することに積極的なのか?

上記の2つのポイントに注目して、期間工メーカーを選ぶ必要があります。

 

なぜなら、期間工は積極的に募集していても、期間工から正社員になることが難しい。または募集をしていない期間工メーカーがあるから。

 

もし期間工→正社員のステップを踏むのであれば、上記の2点は絶対に事前に確認して置くことをおすすめします!

 

⑤:働く期間で選ぶ

 

短期だけ期間工で働くのか?長期満了まで期間工を続けるのか?このどちらかによって選ぶべき期間工メーカーが変わってきます。

 

なぜなら、各期間工メーカーによって条件や待遇が変わってくるから。

 

期間工の募集ページだけで比較すると、どこも似たように見えるかもしれませんが、微妙に待遇が違うんですよね!

なので、それぞれの期間工メーカーの特色と自分の希望を上手くマッチさせることがマジで重要です。

 

⑥:労働環境で選ぶ

 

できるだけ労働環境の良いところで働きたい!と、ほとんどの人が思っていると思うのですが、ぶっちゃけ労働環境は「運次第」です。

 

なぜなら、同じ期間工メーカーでも「どの工程か」「どの部署か?」「どんな上司か?」によって労働環境が大きく変わるから。

 

で、上記のようなことは自分で選ぶことができないので、実際に行ってみないとわからないのが事実。

とはいえ、労働環境が”比較的良いところが多いメーカー”を参考までに言っておくと、

 

期待できるメーカー
  • トヨタ自動車
  • いすゞ自動車
  • マツダ

 

⑦:年齢層で選ぶ

 

期間工として働いていると、めちゃくちゃ欲しくなってくるのが話相手。

 

で、なるべく年齢が近い人との方が話をしていて楽しいし、何より仲良くなれる確率グッと上がります。

 

なので「年齢層で選ぶ」というのも、1つの期間工の選び方かなと。

各年齢層におすすめの期間工メーカーを「」で詳しく紹介しているので、年齢が近い人と働きたい場合は参考にどうぞ!

 

期間工を選ぶ際に注意すべきこと

 

注意すべきこと
  • お祝い金が最も高額な派遣会社を選んだか?
  • お金だけに囚われていないか?
  • 自分の目的が達成させる期間工メーカーか?

 

僕が期間工を選ぶ際に注意しているポイントは上記の通り。

それぞれ理由もセットで紹介します。

 

お祝い金が最も高額な派遣会社を選んだか?

 

行きたい期間工メーカーが決まったら、次に選ぶべきは派遣会社です。

 

派遣会社によって貰えるお祝い金が違うので、最も多くお祝い金を貰える派遣会社を選ぶのが大切。

 

ぶっちゃけお祝い金て、入社するだけでお金が貰える→つまり働かずしてお金が貰えるので、なるべくお祝い金が多くもらえる派遣会社を選ばないと損。

 

お金だけに囚われていないか?

 

ただお祝い金のように「お金」も重要ですが、お金だけに囚われて期間工メーカーを選ぶのは危険です。

 

なぜなら、高額なお金で募集しているところは”人手不足”が原因で高額な金額を提示して人材を募集しているから。

 

そうなると下記のようなことが考えられます。

 

  • 過酷な労働環境による人手不足
  • 劣悪な生活環境による人手不足

 

ただ単純な人手不足が原因で高額な金額を提示している期間工メーカーもありますが、上記のような視点を持っておくも重要!

 

自分の目的が達成できる期間工メーカーか?

 

期間工として働く理由は人それぞれです。

 

  • 短期でガッツリ稼いで旅に出たい
  • 貯金を300万円したい
  • 期間工から大手自動車メーカーの正社員になりたい
  • 次の仕事を見つけるまでのつなぎにしたい
  • とにかく稼ぎたい

 

重要なのは、上記のような目的を達成できる期間工メーカーなのか?

先ほども紹介したように、正社員になりたい人が正社員の募集を行っていない期間工メーカーを選んでは正社員になれません。

 

なので期間工を選ぶ順番としては、自分の目標を明確化→期間工メーカー選び→派遣会社選び。

 

上記のような順番が理想です。

 

僕が失敗した期間工の選び方

僕が失敗した期間工の選び方

 

余談として僕が失敗したなと思った期間工の選び方を紹介します。

結論からいうと「期間工で働く”ゴール”を設定していなったこと」ですね。

 

  • 短期で働くのか?
  • 長期で働くのか?
  • 正社員を目指すのか?
  • 期間を決めてガッツリ稼ぐのか?

 

つまり、上記のような期間工で働く理由をきちんと明確にせず、ふわふわした理由で期間工を選んでしまったことです。

 

もちろん「ただお金を稼ぎたいから」という理由で期間工を始めても良いのですが、期間工のデメリットとして、スキルが身につきません。

 

なので、何も目標がなくダラダラと期間工で働いていても、時間の切り売りで終わってしまうんですよね。

 

コウちゃん
コウちゃん
この働き方は年齢が若ければ、若いほどもったいないので、本当に失敗したなと感じています。。。

期間工の選び方に迷ったらプロに相談すべき

 

どこの期間工メーカーも似たり寄ったりにみえるかもですが、それぞれ特徴が違うので自分に合った期間工メーカーを選ぶことが重要です。

 

お金で選ぶ トヨタ自動車
地域で選ぶ
寮で選ぶ
正社員になれるかで選ぶ
働く期間で選ぶ 短期向け 長期向け
労働環境で選ぶ
年齢層で選ぶ 年齢別のおすすめメーカー

 

もし採用された期間工メーカーが自分に合わなかった場合、もちろん途中で辞めてもOKですが、職歴に短期で辞めてしまったことが残ります。

そうなると、次の期間工メーカーに行こうとしても不利になるので、なるべく期間工選びは慎重に行っていきたいところ。

 

特に初めて期間工をやるよ。という人は、失敗する可能性をグッと下げるために派遣会社と相談して期間工メーカーを選ぶのがおすすめ。

 

個人的には期間工.jp(アウトソーシング)を利用すれば間違いないと思っているので、派遣会社選びに迷ったら、期間工.jpを選んでおきましょう。

またほぼ全ての期間工メーカーを見たいという方は、期間工メーカー一覧の記事を参考にどうぞ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください